関連出版物

●脳と味覚 -おいしく味わう脳のしくみ-
山本 隆 著 共立出版、1996
目次
表紙
第一章 味覚の意義
 
第二章 味の種類
基本味
うま味
その他の味
狭義の味覚・広義の味覚
 
第三章 味覚感受性
閾値
順応
対比
反応時間
後味
味覚と唾液
味覚と遺伝
味覚修飾物質
味覚センサー
 
第四章 味の受容と伝達
味覚受容器の構造
味覚受容器における情報変換機構
味覚神経
味覚神経応答
味覚情報伝達機構
 
第五章 味覚の中枢機序
味覚の中枢
大脳皮質味覚野
脳内味覚情報処理
味覚系と生理活性物質
味覚反射
脳におけるうま味の認知
 
第六章 味覚の学習と記憶
新奇恐怖
味覚嫌悪学習
味覚以外の嫌悪学習
味覚嗜好学習
 
第七章 味覚と食行動
味の好き嫌い
味覚と摂食
食物の成分とおいしさ
味覚と栄養
 
第八章 味覚発達の正常と異常
味覚の発達と老化
味覚発達の神経科学
味覚障害
 
座談会 味覚の機能をめぐって
前のページへ このページのtopへ 次のページへ
関連出版物リストへ


Copyright(C)Society for Research on Umami Taste., 2000. All rights reserved.